スゴ6(ファンド)が気になったので調べてみた

ホワイトボードを前にプレゼンする女性

どもです。しゃぐです。

投資信託のファンドをちょろっと探ろうとSBI証券を探っていたらとても気になるファンドを見つけましたのでご紹介しますね。

なお、「長期投資出来るか否か」が焦点になってますので目的にあってない場合はご容赦くださいませ。

愛称:スゴ6

ファンド名は三井住友TAMーSBI資産設計オープン(資産成長型)というやつなんですが、愛称があって「スゴ6」と言うそうです。

ファイド名称

歴史あるファンドのようですね!純資産が見たことないような数字です。えーと、248億・・・・・・です・・・(遠い目

このファンドは実はちょこちょこ見かけてました。もしかしたら人気高いのかもしれません。しゃぐさんは人気あるのは基本無視しちゃうタイプなので記憶に残らないのです・・・^^;

ではせっかくなので詳細を少しだけですが紹介していきます。気になったら是非とも検討されてはいかがでしょうか。他人のオススメなんて当てにならないかもしれませんが、それがきっかけで調べ始めるというのも一種の「出会い」ですよね。

ではいってみましょう。

基準価額推移

まずは設定来の基準価額推移です。

基準価額推移

上図を見て落ち込んでるところは時期的に見てリーマンショックの影響のようです。あまり気にしないでその後を見ていくと、長期目線で右肩上がりなのが伺えます。これは期待大。

ただ右の方へいくと若干赤い線が見え隠れしてるのが分かります。

これは分配金を出した時にSBI証券のグラフではこういう表示をします。しかし、分配金を出しても基準価額との乖離がほとんど見られません。気にするレベルでもないでしょう。

長期投資を考える場合は、分配金を出さないこと、というのが一つのポイントですよね。このファンドは少し出してますがまぁ気にするほどでもなかった、ということです。成長度、伸び率、市場期待感などを考慮した方がお利口さんなのではないかと。・・・多分。笑

では手数料等々はどうでしょうか。これ超大事です。

信託報酬

まずは値を示しましょう。

信託報酬

信託報酬は0.7344%となってます。

中々いいですね。低いとこは0.2%とかだったりしますが、ここまで古株のファンドでここまで成長してるってことを考えたら相当低いのではないでしょうか。

今回比較対象は上げてませんので、そのうち別のファンドとも比較できたらしてみたいと思います。

信託財産留保額も0.15%と低めの設定です。バランス型のインデックスファンドの特徴的なところの一つでもあるでしょうか。嬉しい設定値ですね。長期投資に向いてます。(ベストはもちろんゼロです(*´ω`*)甘えすぎ←)

解約手数料は「なし」となってます。まぁ、私はここがあったら取引しません。はい。

たとえば積立投資を始めてみたけど、基準価額落ちる一方だから止めたいって時に止めるときまで手数料とられてたらショックが2乗で効いてきますよねw

消費者の勝手な言い分かもしれませんが、手数料ほどイヤなものはないです。はい。

では肝心の期待度を示す数値を見てみましょう。

トータルリターン

トータルリターンは超超大事ですよね!ファンドの運用方針、実績、投資家の期待などなどが見えてくるいい指標だと思います。

では数値だけですが示します。

トータルリターン

なんとずっとプラス!!!

これはすごいです。設定来からのリターンが+40%!!とてつもないですね。投資家の期待の現れではないでしょうか。

そしてなによりその運用が素晴らしいのでしょう。期待が高まります。

ただ、今までは良かったけど今後はどうか分からない、というのが世の常でもあります。世知辛いですけど。苦笑

そこで重要なのはどういう運用方針なのか?ってところだと思います。今回バランス型でソートした中で気になったものをピックしましたけど、資産構成がどうなってるのかはとても重要なポイントですよね。

資産構成比

資産構成比

株式、債権、REITで4:4:2くらいでしょうか。

国内、海外で半々に割り振ってるというのが一つのポイントかなと思います。個人的には国内には重きを置いてほしくないのですが、それはそれ、これはこれです。

上図は若干古いデータですので、現状どうなのかは運用方針をちゃんと見て判断しましょう。気になった方は是非ともご覧になって下さい。

ここまででも正直オススメ価値がかなり高いかな、と。そんな風に感じてます。しゃぐさん自身ももう少し給料に余裕があれば取引を考えたいです。長期投資グチは2つほどあるのですが、現状それだけでいっぱいいっぱいです笑

しゃぐさんのように長期投資として考えるならやはり気になるのはリスク。

ここでSBI証券のリスク分析状況を見てましょう。

リスク・リターン分析

リスク・リターン分析

赤い星印の位置が当該ファンドのリスク・リターン分析結果となっています。あくまでSBI証券さんの分析結果です。

大体中くらいのリスク、中くらいのリターンというところでしょうか。

正直、長期投資向けのファンドでこの位置取りはかなり高いリターンだと思います。資産構成が分配されているのでリスク分散がされているのは分かりやすいかと思いますが、リターンの高さはリスクと反比例しがちなのはよくある話しです。

それを考慮するとこのリターンはとても魅力的かも・・・っ!!

というわけで久しぶりに投資信託のファンドのオススメを紹介してみましたが、いかがですかね。古株すぎて何を今更wという声も聞こえそうですが、世界経済を見回した上で「今だからこそ」という考え方もアリかな、と。

こういったものはキッカケになって貰えればありがたいことなのです。是非ともご自身で心ゆくまで調べて投資するかどうかをご一考くださいな。

ではでは~

スポンサーリンク
レクタングル大広告