積立投信のおいしいところ

どもです。しゃぐです。
ラーメンでも食べにいって、帰ってきたらファンドを決定したいなーと思ってます。
もうバランス型には決めました。
あとはどこにするかだけです。
買う時期が今でいいの??っていうのはありますが、昔からよく言いますよね。
「”買いたいと思った時”が”買い時”だ」と。
それに従います。しゃぐさん、ちょろいですから←
さて、夢をふくらませるためにちょっとエクセルで計算してみました。
これを見た人の夢もふくらめば願ったり叶ったり。(ちょろい仲間が増えたり
もちろん、考慮していない要素はいっぱいあります。利回りが一定なわけがない、とか、証券会社がつぶれた場合とか、税制改革で更に税金とられたりとか、信託報酬考慮してないじゃんとか、もろもろ。
そういったものを排除して、あくまで夢を追いました。
だって、これから始めるんだもの!!
夢を追って何が悪い!
そう、自分に言い聞かせて・・・←
さて、どんな計算したかというと、
・月に3万円を積み立てる。
・年金もらう頃にいくらになってるかを知りたい。
・利回りごとに比較したい。
という前提で表をつくってみました。
複利で計算してますよ。

月3万円の積み立てをすると、利回りゼロで1080万円。
おお。結構たまってますね。
一般的な普通預金口座だと1082万6,700円。ふむ。
利回り1%だと1224万円!?
利回り5%だと2094万円!?2倍!
利回り10%だと4378万円!??4倍!!
マジか。これ計算合ってるのか??
すげぇね。すげぇ。
夢が広がりますね。
まぁこんなうまくいくわけないんですけど。
ついでに1000万以上を普通の口座に置いとくのはちょっとな・・・って感じっすもんね。
や、そんな持ってないけどさw
普通の銀行口座に積み立てするくらいなら、積立投信の方が断然おいしいですね。
利回り10%で30年続くワケないですけどもww
まぁ、そういうとこを見つけて5年置き、10年置きくらいで乗り換えるのが賢いやり方なのかな。
定期預金とかと違っていつでも止められますしね。
手数料などを考慮しても、長期的に見て利回り1%もあれば御の字というやつではないでしょうかね。少なくともただ銀行に預けておくよりはマシです。
そのためにも、積立投信に向いてるのはやはり長期的に安定なファンドですよね。
慎重に、確実に決めよう。
ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル大広告