初めてスワップポイント入ったよ

どもです。しゃぐです。
プライベートが落ち着かなくてブログ更新してる時がむしろ安らぎの時間というなんかダメダメな感じになってきております。どうもです。
女性関係で落ち着かないなら良かったな、というのがネタ的にいいなと言うのが本音です。会社関係でのやらされ仕事がプライベートを侵食してきて泣きそうですが、それはそれ。これはこれでいきましょ。
さて、FXの話しです。
今回2通りの買い方を試してみました。
「成行」というのと「指値」という注文の仕方です。
注文の仕方はいっぱいあるので、それぞれについては別途まとめようと思います。今日は簡単な二つを試してみたのでその結果だけでも。
まずは何分か前にスクショ取った画像のせますね↓

今回は。
今回はミスせず買えました。
いやはや、一安心←
買ったタイミングは悪かったですかね。2000通貨ずつ買って含み損出てますがまぁそこは問題じゃないです。
目的がスワップ狙いなので多めに見てくださいw
さて上記二つの注文の内、「指値」注文というので買ったのが画像中段あたりの上の方で、「成行」注文というので買ったのが下段に当たります。
何が違うかというと、「約定価格」というところに注目してください。上段はぴったり77.2000NZDで注文できています。対して下段は77.4282NZDというなんともアナログな値です。
(NZD=ニュージーランドドル)
ここがまさに注文方法の違いです。
しゃぐさんの場合はスワップ狙いなのであまり重要視しないのですが、簡単に言うと「安く買って高く売る」というためのちょっと得する方法、ということです。
具体的に言います。
成行注文というのは、その時の為替の値で注文をする、という何の変哲もない普通の方法です。
リアルタイムでの取引、ということです。
つまりPCなりスマホの画面を見ている時に「あ、今売りたい」と思ったらすぐ取引できる、というものを言います。
もう一つの指値注文というのは、生き物のように動いている為替の状態でも、”この値段を上回ったら売りたい”もしくは”この値段を下回ったら買いたい”という形で指定できる注文方法です。
これは設定だけしておけばPCの画面を見ていなくても注文できるので、外出中でも取引できるという利点があります。
おそらく、どちらもよく使われてると思います。いい制度ですし。あ、実際使ってみた感想ですけども。
そんなワケで今後も継続してFXでの資産運用をしていきたいと思います。
この取引は昨日行ったので、今朝がたにはスワップポイントが入ってました。
画像にもあるように22円です。
取引通貨自体が少量ですので、値段が低いのはご容赦をw
重要なのは「ほったらかしでお金を儲けるシステム」のあしがかりを掴んだのではないか、というところです。
しゃぐさんの第一目標ですからね!
含み損出してても決済しなきゃ関係ないですからね。そのうちターゲット(約定価格)より円安に向かったあたりで決済しますよ。
円高ムードだからいつになるか分からないですけど・・・(遠い目
もしそうなったら差益分も儲かるし、スワップも入ってるだろうし。そこそこ儲かってくれそう。
元が少額なのでなんというかアレですけど。
3月になればもう少しお金つぎ込めるので、そこまでは今くらいの金額でしょぼしょぼと生きていこうを思います。
というかサラリーあるので別に大金儲ける必要ありませんでした。そういえば。
最近、なんか「儲けないといけない病」におかされてるんですけど、別に儲けなきゃいけないということはありませんでしたw
まったり生きていきます。はい。
というわけで何となく資産運用でき始めた感がある1月12日でした。
ではまた。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル大広告