スワップ狙いの場合はレバレッジを低めにすべきなのか

どもです。しゃぐです。
いまだに暖房つけずに頑張ってますが、そろそろ限界です・・・。
体調良くなってきましたが、ここで無理しても意味ないし暖房つけよかな。。
暖冬とは言っても夜から朝にかけてはやっぱ寒いですね。こればっかり言ってますね。はい。
さて、年も明けたし、マイナンバー絡みの手続きが始まりそうです。めんどいですね。まぁ、仕方ないです。対応しましょう。
証券口座は開設時にマイナンバーの提示が必要のようです。NISAも同じですね。
これから、と言う方はご注意を。
ではですね、年明けで取引が開始できるようになったら始めたいのは今のところFXなワケなので、それに関してもう少し考えていきたいと思います。
タイトルにあるように、スワップ狙いの場合はレバレッジを低めにすべきなのかどうか、という点。
答えはおそらくYESだと思います。
ただ、これを導きだしたのはあくまで「僕の場合」という限定的なものになるのですが。
もちろん、僕と同じ条件で扱うなら他人であっても当てはまります。
どういうことか、というと。
そもそも「しゃぐさんはめんどくさがり」だ。
→ 売り、買い、と小まめにやりたくない
という発想が最初にあるということです。
はい。やる気ないですね← 申し訳ない。
為替差益で儲ける、というのは「可能ならそうであればよい」という程度でしか考えてないのです。したがって持ってるうちにいつか買ったときより円安になったら売ればいいのではないかな。ハハハ。という安易な考えです。
しかし、これを実現するためにはロスカットしては意味がないのです。
損を出すだけだし、手続きをまたし直さなくてはならないのでめんどくさいです。そもそも、手続き回数が多くなるということはそれだけ証券会社は儲かる=投資家は儲からないということでしょう?そんなの・・・イヤです・・・(我がまま←
レバレッジは高く設定すればするほどロスカットの可能性が大きくなるものですから、ここは当然逆を狙います。
前はレバレッジ1倍だと面白くないかなーと思ってましたが、どの通貨を買うか?という選定次第ではレバレッジ1倍でないとまずいのかも、という結論になりました。僕の中で。
たとえば南アフリカランド。
こちらに関して過去10年の為替の変動チャートを下に載せます。

(縦軸の単位:南アランド/円)
これを見ると分かるように、長期的にランド安の傾向しか見えないです。
ここ1、2ヶ月は人気通貨だったのか、ネットでよく見たんです。南アフリカランド。
なんででしょうね。今が”買い”だってことなんでしょうか。
しかし、ずーっとランド安傾向だし、まだまだ下がりそうです。怖いくらいですね。もし2009年の時のように大幅に値が変動するようなら・・・と考えると、レバレッジなんてかけられません。
こういった通貨でスワップ狙いでいくなら、レバレッジは1倍というのが妥当なのかな、と思います。
あと、政情不安というのもこういったものには関わると思いますので、何も調べずにハイリスクの道は選択できませんよね。
あくまで自分の資産を増やすというのがしゃぐさんの狙いなワケですから、リスクはなるべく排除方向でいきたいです。しゃぐさんとても我がままです。
そういったワケで、スワップ狙いでいくならレバレッジは低めにすべきだろう、というのはしゃぐさんの場合は正解だと思うのです。現時点では。
ただ、どれだけの金額を取引するか?というのも関わってくる話しだとも思います。少額なら多少リスク高くても良い、というのも捨てがたい考えですし。
要するにまだ考えるべき要素が残っている、ということですね。
今後は実際にどういった取引をしていけばいいのか?というのをベースにして、もう少し作戦を練っていこうと思います。
ではでは。また後日。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル大広告