iLok License Managerが起動しないトラブルの対応方法

楽譜の上にマウス

どもです。しゃぐです。

趣味でDTMをやっているのですが、そこで起きたトラブルに関して記事を書こうと思います。というのも、同事例に関しての対処方法はネット上に存在したものの、より正確に記載しておかないと解決に至るまでに遠回りをする羽目に合う(実際に合った)ため、ここで記事にしようと思いました。

環境

まずはしゃぐさんの環境を示します。

PC SPEC DAW
Windows10 Cubase7
64bit 64bit

メモリいくつ積んでる?とかCPUは何?とかは関係なく、おそらくWindowsであることだけが関係していると思われます。ですので、示した環境は最低限の情報だけとしています。

なお、DAWが何であるかというのもおそらく関係ないのですが、Cubaseを使用していた時のエラーメッセージも載せたいために念のため示しました。

エラー発生状況

では発生した状況から順に説明していきます。

まず起きたのはCubase上でiLokにライセンス登録していうプラグインをインサートしようとした時にエラーのポップアップが出てきて「!?」となりました。こんなメッセージ。

iLok動作不良エラーメッセージ画面

iLokが正常に動作していません。呼び出したプラグインをもう一度インストールするかiLok License Managerをダウンロードして再度動作させてください。という感じのメッセージ。

この時はFG-Xを呼び出そうとしてエラーメッセージが出たんですけど、当然他のiLokに登録してるプラグインも同様にエラーとなりました。(勿論ですが、iLokに依らないプラグインは問題なく起動出来ました。)

実はiLok関連の起動トラブルの類はちょこちょこ発生していると風のウワサで聞いていたので、これもそうなのかな、とあまり深く受け取っていませんでした。

なんだかんだで再インストールとかで直るだろう、と・・・。(安直すぎました・・・

とにかくエラーをなんとかしないとなりません。そこでメッセージにある通りにiLok License Managerを起動して最新版にアップデートしようと試みました。

ところが・・・。

iLok License Managerが起動しない

そう。iLok License Managerが起動しないんです。これじゃアップデートも何もありません。先程のエラーメッセージにあるように、プラグインを入れ直すという対応をするかどうかの選択肢が軽く飛んでしまう状況です。

なお、アイコンをダブルクリック等で起動した際には下に示すような画像でポップアップ画面が出てきます。

起動時に出てくるエラー表示画面

サーバーに接続できません。iLok License Managerが正常にインストールされていませんので再起動してリトライして下さい。駄目ならサイトにきてインストーラーをもう一度インストールして下さい。といった感じのメッセージ。。。

えと、何言ってるの?昨日まで使えてたじゃないの・・・。と言いたくて仕方ありません。

仕方がない、ホント。仕方がないのでメッセージ通りにまずは再起動。

  • iLok License Managerの再起動→直らない
  • PCの再起動→直らない
  • PCの電源を切り、iLokを抜き差しして再起動→直らない
  • iLokをUSBハブじゃなく、PC本体に単独で挿して再起動→直らない

・・・。

ここまでやって直らないとなると、逆に絶対直してやる、と気合が入ってきますw

  • iLok.comにあるiLok License Managerをダウンロード&インストール→直らない
  • 一度iLokをPCからアンインストールして、再度最新版をインストール→直らない

・・・。

降参。(早い←

ということで、Google大先生にお伺いを立てました。

すると、やはり同じ状況にあったと思われる人が数人いた様子で、しっかりと対策法を示していて下さいました。(ありがとうございます)

エラー対応

では実際に行ったことを書いていきます。

まず、そもそもこういった状況の対応法が本家サイトにFAQでないのか?という問題ですが、えーと、何ていうか、その・・・

あった(テヘ

エラー対応方法画面

英文ですが、ね。

どうも英語のFAQだと敬遠しがちですね。仕事で英文マニュアル読んだりしてるのに、何故家に帰ってくるとこういうのサボってしまうのか。悪い癖です。。

さて、肝心の中身ですが、上の画像に書いてある番号の1から7番までを行えば対応できますよ。ということなので、実際にやっていこうと思います。

詳細説明

  1. コントロールパネルを開く
  2. システム&セキュリティを選択
  3. 管理ツールを選択
  4. サービスを選択
  5. Bonjour サービスを開始する
  6. PACE License サービスを開始する
  7. PC再起動

重要なのは上記の5番と6番です。ネットで調べてまわった感じだと6番だけを対処しただけで解決している方が多いようです。僕の場合は6番だけでは再起動しても直せなかったのでこうして本家サイトの英文FAQを読もうという事に至ったという訳です。

もう一度言います。

5番と6番をどちらも行わなければいけません。

では実際に行った対応画面を示していきます。

上記英文FAQのWindowsはおそらく8の時のものですので、Windows10の場合で置き換えて書いていきます。(といっても何も変わらないかと思いますが^^;

まず「コントロールパネルと開く」ですが、これは電源シャットダウンするときとかにクリックするであろう「窓」ボタンを右クリックしたときのメニューの中にあるのでそれを選んで下さい。

次に、そのコントロールパネルの中のおそらく一番左上に「システムとセキュリティ」があるので選択します。

すると、一番下か二番目あたりに「管理ツール」があるのでクリック。

この管理ツールの中に「サービス」というものがあるはずです。フォルダの表示の仕方は個々人で違うでしょうから、自分で探してみて下さい。なお、ここにあるのはショートカットですのでその先を直接起動しても問題ないのですが、まぁそんな人いないよね・・・w

では他サイトさまでもよく紹介されているのでそちらを先に説明しますと、サービスの中に英語で「PACE License Services」と書かれたものがあるので探して下さい。

管理ツール内のサービス画面

もし、僕と同じようにエラーが発生している状態であれば、「状態」のタブ部分が「空白」になっていると思います。これを「実行中」にする必要があります。

一番簡単な方法は、このサービス名のところで右クリックをして「開始」というメニューを選択してあげればそれでOKとなります。

実はこの操作をするだけで解決しましたっ!!っていう結果ばかりがネット上に溢れていました。そこしか見ていなかった僕は上記のPace License Servicesだけ実行中にすれば解決するものとばかり考えておりました。

しかし、ここに落とし穴があったのです。PC再起動しても一向にiLokのエラーが回復しないのです。頭の中は「はてな」が一杯でしたw

一旦休憩して、頭をスッキリさせて、iLok.comのFAQをちゃんと読み直してみたところ、ちゃんと書いてあったと。Bonjourサービスも開始しなければならないんだと。そう理解したワケです。はい。

実はPace License Servicesのプロパティを表示をよく見ると、「依存関係」というタブがあります。ここにちゃんと書いてあるのですね。実は。

プロパティの依存関係表示画面

このサービスが依存するシステムコンポーネント→Bonjourサービス、と。

それに従いまして、同じくサービスの中から「Bonjourサービス」を探してサービスを開始させていくわけです。

しかし、ここで一つサービス開始時の設定方法の注意事項を載せておきます。

設定する場所を明示する画像

どちらのサービスも同様なのですが、PCを起動した時にこれらのサービスが起動してもらわないといざ使用するときに不便で仕方ありません。上に示した最も簡単な方法というのはあくまで簡単にサービスが開始できるだけですからね。

なので、PCが起動した時の設定を指定する必要があります。サービス画面を右クリックした時に出るメニューからプロパティを選択し、「スタートアップの種類」という箇所を「自動」もしくは「自動(遅延開始)」のどちらかを選択します。これでOKを押下してPCを再起動することで、必要なときにiLokのサービスが動作してくる、というワケですっ!!

これにて解決。安らかな気持ちで作業が進められる、という訳です。

終わりに

DAWを新しくした時、Windowsをアップグレードした時など、往々にしてこういったトラブルに見舞われたりするものです。本記事が同じようなトラブルに巻き込まれた方の手助けになれば幸いです。

ではでは。

スポンサーリンク
レクタングル大広告