スワップ金利(お小遣い)を具体的な数値で再考してみる

どもです。しゃぐです。
南アランドでFX取引してからというもの、毎月のようにお小遣いを稼げている現状ではあります。
しかし、将来を見越してここで具体的な数値で今後のお小遣いを見積もってみたいと思います。
まず、現状。
預託金残高:2,000,000円(原則固定)
ロスカットは証拠金維持率50%で。
保有建玉パターン①
取引通貨:南アランド
約定価格:6.90 ZAR/JPY
建玉数量:100,000

現状はこの一つのみです。
レバレッジ1倍なら10万通貨で
6.9 × 100,000 = 690,000 円
69万円必要ですけど、SBI FXトレードは25倍固定となるので
690,000 ÷ 25 = 27,600 円
2万7千6百円あれば取引できます。
預託金残高は決済しない限り200万円を固定としていますので、実質レバレッジは0.3倍となります。
(図の緑部分)
実際は無い話しですが、計算上は南アランドが0円まで落ち込んでもロスカットしないということになります。
超安心 ローリスク ミドルリターン確定
という素晴らしい状況ですね。
あ、ミドルリターンというのはあくまで「しゃぐさんにとって」ですので・・・。
なお、しゃぐさんはスワップ狙いなので、ここでいうリターンは当然スワップ金利そのものの事です。
現状で言うなら、スワップ金利が150円/日となっていますので(2016.12.04現在)
150 × 365 = 54,750 円
となって一年間に54,750円も儲かるということになります。
銀行に預けても利子なんてほとんどつかないこの時代ですからね。
これは嬉しい。
「金のなる木」を「スワップ金利」とするなら、現状のような超ローリスク状態で放置しておけばいい、ということになります。
決済したときに為替の差益分儲かるなら、さらに嬉しいです。
正直、今年一年はその恩恵をうけて大分お財布が重くなってくれました(*´ω`*)b
さて、じゃあ今後どうしよう?
というお話しです。
トランプ相場の影響で現在は上昇トレンド真っ最中ですが、12月半ばにはアメリカの利上げの影響を受けてランド高に向かうんじゃないかと恐怖を感じる毎日。
しかし、スワップ狙いですからね。しゃぐさんは。
どんな状況だろうと保有し続けることで意味を成すのがスワップ狙いというものです。
ということで、リスクが高くならない程度に建玉を増やしていった場合を具体的な数値でシミュレーションしてみました。
まず、今現在のレートは
8.2 ZAR/JPY
となっています。大ざっぱな値ですが。
パターン②
ここで一つ建玉を増やしてみます。
通貨数は10万通貨で。
すると、

こんな感じで、実質レバレッジは0.8倍。
一年後のスワップ金利は109,500円。
ロスカットはレートが0円でも大丈夫なレベル。
これはアリですね。来週建玉を増やすことも考えてみたいです。
パターン③
続いて、更にもう一つ建玉追加。
同じく10万通貨取引で考えると、

こうなります。
実質レバレッジは1.2倍。スワップは164,250円
ロスカットは1.26円まで下がった場合。
なかなかアリかも。
スワップが12万円を超えているので、要するに月に一万円以上ゲットしてるということです。
働いてないのにお金が増えてく・・・まさに金のなる木です・・・
パターン④
ではここで例によって調子にのってもう一つ建玉を追加してみます←
すると、

実質レバレッジは1.6倍。
スワップ金利は219,000円。
ロスカットは3円までレートが下がった場合。
なんだかまだまだいけそうな気がしてきましたね(危険w
パターン⑤
さらに調子のってみます←
建玉を6コ追加w

実質レバレッジが2.8倍。
スワップ金利は383,250円
ロスカットは5.3円まで下がった場合。
となりました。
うーん。ギリギリこのくらいならいけそうかなぁ。
というレベル。
実質レバレッジは3倍くらいがやはりローリスクの限界線かな、というのが数値的に見えましたね。
計算してみて良かったです^^;
という感じで今日は具体的に数値で考えてみました。
建玉増やすか分かりませんが、お小遣いは多いほうがいいです。はい。
ではでは~

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル大広告